ページの先頭です

事業内容
トップページ >> 事業内容

蓮のちからオンラインショップはこちら

商品紹介

蓮のちから

自然の恵みレンコンと身体に優しい乳酸菌のパワー

蓮のちからには毎日の生活にかかせない下記のような成分が含まれています。
更に、レンコンと乳酸菌という自然の恵みから出来た「食品」なのでお子様からご年配の方まで幅広くご利用いただけます。

こんな方におすすめです

成分一覧

また、「蓮のちから」の製造工場は健康食品GMP※を取得しており、日々製品の「安心・安全」を追求しています。

※GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略で、適正製造規範と訳されています。原料の入庫から製造、出荷にいたる全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた規則とシステムのことです。医薬品では、かなり以前から製薬メーカーに義務として課せられており(通常、日本で「GMP」といえば医薬品を指しますが、化粧品や食品添加物でも業界の自主的な取り組みがすでに始まっています)、最近では中国や韓国といった近隣のアジア諸国において、サプリメントもGMPが法律で義務付けされるようになりました。

開発者紹介

研究室にて
埼玉医科大学内
研究室にて

私たちの食品事業は、乳酸菌レンコン食品の開発者、埼玉医科大学・和合治久(わごうはるひさ)教授の研究からはじまりました。
「安全な自然のちからで健康増進」という開発ポリシーのもとで長年に渡って、身近な食材(さまざまな野菜、お茶、ハーブなど)の調査研究を行ってきました。
その結果、「レンコン抽出物」の特性に関する大変画期的な研究成果を学会等で発表してきました。この研究の成果が、多くの苦しむ人々の助けになることを確信し、その普及を実現させることを私たちの目標としています。

▲ページの先頭へ

和合治久先生のプロフィール

和合治久先生

?埼玉医科大学保健医療学部健康医療科学科教授・学科長
?中国・東北師範大学、長春中医大学客員教授
?東京農工大学大学院修士課程終了
?京都大学にて理学博士号取得
?埼玉医科大学短期大学臨床検査学科学科長、学長補佐を経て現職
?ロハス未病医学会 理事長

これまでに、
?名古屋大学大学院、御茶ノ水女子大学、弘前大学、東京都立大学講師
?国際比較免疫学会アジア・オセアニア会長
?日本比較免疫学会副会長
?日本生体防衛御学会幹事 他を歴任
?文部大臣賞、日本応用動物昆虫学会賞 他を受賞

主な出演番組

TBSテレビ系「はなまるマーケット」2012年10月
テーマ(免疫力UP「レンコン」でアレルギー改善も!)
フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」2003年10月
日本テレビ系「おもいっきりテレビ」
テーマ(中高年に突然発症する花粉症 2004年1月30日監修)
テーマ(レンコン丸ごと活用法 2005年12月21日監修)
TBSテレビ系「カテイの魔法」2004年2月25日
TBSテレビ系「スパスパ!人間学」
テーマ(これが究極!花粉症撃退の最強食材 2005年2月17日)

▲ページの先頭へ

和合先生からのメッセージ

和合治久

私は幼少の頃から昆虫が大好きで、特に日本高山蝶の生態解明に尽力され山岳写真家としても著名な故・田淵行雄先生の影響を受けて育ちました。特に好きな昆虫は高山蝶の一種、クモマツマキチョウで、雪渓を飛翔する姿に感動しています。 また、動物では超音波コミュニケ―ションするイルカが大好きで、集団での連携行動には人間も学ばなければいけないと思っています。

趣味は動物や植物の生態写真を撮ること、特に植物では、「悲しいとき愛する」 と言うすばらしい花言葉を持つリンドウが気に入っています。自然の厳しい環境に耐えぬく姿とその繁殖力、並びに美しさに惚れ、多肉植物栽培もその一つです。この植物の利点を生かして、都内すべての家の屋上緑化をおこなえば花粉症は半減すると同時に、温暖化やヒートアイランド現象を阻止出来ると確信しています。

最近、人間の健康を守るべく、音楽療法の研究と安全な健康食品の開発に全力を注いでいます。音楽療法の世界に入ったきっかけは「ガン患者」さんを救いたいとの願いの中にあります。

座右の銘は、「人生に逃げ場なし」で、真正面からすべての問題に誠実果敢に取り組むことをポリシーとしています。

▲ページの先頭へ

  • トップページヘ
  • 会社案内へ